(^^)

まじめなひと

まじめなひと
僕はちいさなころから”まじめなひと”といわれてきた
まじめなひとは ちいさなころから 納得できないことが たくさんあった
納得できないことがあると そのことにふれるのも嫌になる先日 ユーチューブである方のトークを聞いていたところ はっきりと言っていて
まじめな人->管理しやすい人 -> 使いやすい人-> 逆らわない人-> 文句を言わない人
“まじめな人”は何か問題があっても先送りします
先送りすると 些細な問題でも心の中でどんどん大きくなる
おおきくのしかかる問題はさらに先送りされ 大きくなってそのままに問題から逃げている限り 納得できないことが増えていき
それが 普通になる
そして 人に意見をしなくなる
それはある意味 とても楽なことだ

“まじめなひと”の正体
自分の尊厳を踏みにじるひとに 意見することから逃げてつづけて来た人
問題から逃げる癖のついたひと

そんな人に 家族も自分の大切な人も守れません

はじめの一歩を踏み出す ほんの少しの勇気があれば 人生これからでも
大きく かわりはじめるような気がする

では 問題を解決するための第一歩 問題が起きた時 なぜ他人にされるがままにされ 悪い言い方をすれば舐められてしまうのか。

言い返してこないから たとえ言い返しても しどろもどろになって相手にならないので
こいつには なにしても….

すなわち これが まじめでよいひと の正体
他人にとってこれほど都合の良い人はいない

何でも とりあえずあやまってすまそうとする 人生の手抜きである
でも 結局納得いかないでひきずる

ほかの人が言える ちょっとまってよが言えないのか
言わない癖がついてしまったのか

通常納得いかない事に 相手に挑む第一歩を幼年期に乗り越えるのが良いのだと思う
その後 失敗成功を繰り返し 適切にできるようになる

逆に はじめに逃げてしまい 癖になってしまったら
ずっと 議論や勝負から逃げ続けてしまう

これが 今の私なのだと思う

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です